子育てオン・エアー!

オンラインでつながってみよう!

SNSでシェア

今井美穂さんと息子ちゃん(1歳3か月)は初めてオンラインイベントに参加しました。この「子育て日記」のコーナーでもおなじみのはっぴぃmamaはうすさんの周年祭です。

話題のzoomというビデオ会議が出来るアプリをダウンロードして、パソコンの前で待機。

時間になると、代表の松山さんの挨拶から始まり、参加している皆さんの様子が画面で見られて面白い!お家にいながらの、画面を通してのやり取りがとっても新鮮だったそうです。

保育士さんによる親子遊びをレクチャーや、離乳食レシピ講座など、ママに役立つ情報盛り沢山。息子ちゃんもテレビを観るのとはまた違った感じで、画面に興味津々。親子遊びは、一緒にキャッキャと笑って楽しそうだったんですって。

オンラインイベントはお家にいながら簡単に人との繋がりを感じられるし、子供がぐずったり、ここ映したくないなぁというときはマイクやカメラをオフに出来るので、とても便利!やってみると、本当に楽しい!誰かと繋がって同じ時間を共有出来るって、大切な潤いになると実感したそうです。

子育て中は特に悩みも多いし、苦しさや楽しさを共有することで気持ちが軽くなるので、こうしてママ達と気軽にコミュニケーションが取れる時代はありがたいなぁ。これからも活用していこっと!と思った美穂さんでした。

改めて、親とよいこのサポートステーション、はっぴぃmamaはうすの松山さんにラジオでお話を伺いました。

はっぴぃmamaはうすは4周年。今までの周年祭は皆さんが集まってのイベント形式でしたが、今年は難しいかも…とあきらめかけていました。新型コロナウィルス感染防止のため、集会や新生児訪問や育児相談も行えなくなってしまったんです。このままでは「ママたちが相談できる場がなくなる!」と危機感を持ちました。そこで、オンラインで悩み相談ができるように「座談会」形式のオンラインイベントを企画しました。ママたちがオンラインでつながることに慣れていけば、いざという時に相談するハードルも下がるのでは…と考えてのことです。

こういう時だから「やめる」のではなく形を変えて「オンライン」で開催したのが、今年の周年祭でした。1日で6クラスを発信。「大人の食事からとりわけできる離乳食」や、よいこの小児科の佐藤先生をゲストに迎え「感染症対策のお話」 助産師さんによる「産前産後のケアについて」調理師さんによる「フライパンで蒸しパンを作るコーナー」 他にも「親子遊び」や、「ヨガ教室」など盛りだくさん。講師の先生方も中には県外から参加してくださった方もいらっしゃいました。お母さん方からも「楽しかった」とたくさん感想が寄せられて、「やってよかった!」と思ったそうです。

この後も、今月23日に妊婦さんを対象としたオンライン座談会を開催予定で、その後も離乳食についてや、双子ちゃんのママを対象とした座談会など計画中だそうです。オンラインイベントにデビューしてみてはいかがですか?

最後に子育て中のパパやママにはっぴぃmamaはうすの松山さんからメッセージです。

オンラインは、遠くの方とつながれたり、産後すぐで外出がままならない方ともつながることができるなどのメリットもあります。どうぞ一人で悩まないでくださいね。

ぜひ番組はradikoでもチェックしてくださいね。

SNSでシェア

新着記事