子育てオン・エアー!

赤ちゃんが先生?(BSNテレビ「NEWSゆうなび」)

SNSでシェア

佐渡市の河崎小学校の5,6年生が佐渡総合病院に…。

そこで、生まれたばかりの赤ちゃんと対面です!

赤ちゃんが1時間おきにおっぱいを飲むことや、この時期はほとんど寝ていることなどを教わりました。

佐渡市では、去年から小学生と赤ちゃんの触れ合いを通して、命の大切さや子育ての楽しさを体感してもらおうという体験授業が行われています。

今は、少子化で、なかなか小さな赤ちゃんと触れ合う機会も少ないかもしれまから、こうした経験は貴重ですよね。

生後2~7か月の赤ちゃんやお母さんとも対面し、直接話を聞いたり、赤ちゃんを抱っこしたりもしました。

こどもたちは、自分たちも愛情込めて育てられたことを実感したようですよ。

SNSでシェア

新着記事