子育てオン・エアー!

0歳からのデンタルケア(BSNラジオ「工藤淳之介 3時のカルテット」)

SNSでシェア

新米ママの今井美穂さんちの息子ちゃんも8か月になり、乳歯も生えてきたそうです。そこで気になるのが歯の健康!

今回の『わくドキ子育て日記』は、「0歳児の歯の健康」について、新潟市の小児歯科スマイルキッズデンタルパークの玉井先生にお話を伺いました。

赤ちゃんの歯磨きは、もちろん乳歯が生えてきてからになるわけですが、その前に、やっておくといいことがあるんだそうです。

ひざの上にに寝かせて、顔をたくさんさわってあげること。いずれ来る歯磨きの体勢に慣れさせることですね。ママのやさしいスキンシップが重要です。

また、離乳食が始まったら一日に1回は歯磨きナップ(シート)を指に巻いて口の中をぬぐってあげるといいそうです。母乳だけのころよりお口の中も汚れやすくなるし、歯磨きの訓練にもなるんだそうです。

乳歯は2歳半から3歳くらいで生えそろいますが、乳歯の歯並びは永久歯にも影響するそうです。とはいえ、どうしたらいいかわかりませんよね。普段のお口のケアはママたちがしつつも、0歳からかかりつけの歯医者さんを見つけてフォローしてもらうのがお勧めだそうです。

お聞き逃しの方はradikoでチェックしてください!

 

SNSでシェア

新着記事