子育てオン・エアー!

抱っこで一緒にダンスを楽しもう

SNSでシェア

今井美穂さんの息子ちゃん1歳4か月になりました。最近は「食べムラ」に悩まされているそう。

以前は卵焼きとハンバーグが大好きでパクパクたべていたのに、最近は「べー」と出しちゃったり、握りつぶして床にポイッと投げてみたり…

あるある!せっかく時間をかけてコロコロ小さく食べやすく作ったのに「そんなぁ…」ってなりますよね。

そんな時美穂さんは「食べムラがあるのは仕方ないこと」と割り切って「無の境地」に入るそうですよ。

先日も食べてくれず「お腹すいていないのかなぁ」と思いながら、美穂さんが土鍋で炊いたご飯とお豆腐屋さんで買った冷ややっこを食べ始めると、大興奮。あげてみるとパクパクおいしそうに食べたそうです。ん?すでにおいしいものを知っている?さすが!

でも、きょうはモリモリ朝ご飯を食べてくれたそう。あまり思いつめずに、気楽に付き合っていこうと思う美穂さんです。

「無の境地」というのは難しいですが、美穂さんご立派!

 

さて、赤ちゃんと一緒にダンスはいかがですか?

「抱っこdeダンスの輪」というコミュニティーを主宰し、活動をされれている小柳沙紀さんにお話を伺いました。

0~2歳の赤ちゃんとそのお母さん向けに、簡単なオリジナルダンスを親子で一緒に踊る!という活動をされています。でも、まだタッチもできない赤ちゃんと、いったいどうやってダンスを?っと思った方!

そうなんです。なんとママは赤ちゃんを抱っこひもやサラシで抱っこしたまま踊るんです。

ぜひ「抱っこdeダンスの輪」ホームページをご覧になってみてください。Instagramの楽しい動画もアップされていますよ。

抱っこdeダンスは、産後ヨガやベビーヨガの要素も取り入れたダンスになっているそうで、お母さんと赤ちゃんのスキンシップもバッチリ。動画では、赤ちゃんはキャッキャと笑っていて楽しそうですが、中には気持ちよくスヤスヤ寝てしまう赤ちゃんもいて、寝かしつけにもおすすめなんだそうです。運動不足の解消、お母さんたち同士の交流、親子で楽しめると好評です。

もともと小柳さんは有名テーマパークのダンサーでした。お子さんが誕生した時、大好きなダンスを活かして子どもと一緒にリフレッシュできないかと考え、この抱っこdeダンスをスタートしたのだそうです。これまで新潟市北区の会場で活動をしていましたが、新型コロナの影響でステイホームとなってからは、オンラインで活動を続けてきました。すると、全国からの参加もあってより幅が広がったそう。そして、北区での活動も7月から再開予定です。

「にいがた総おどりでの一コマ 2019年」

 

抱っこdeダンスの輪」ホームページのInstagram映像に、イケメン四銃士の「4 for you」の抱っこdeダンスの動画を発見!

曲のイメージを大切に、子どもにとっても、お母さんにとっても、完成した動画を見た方にとっても、楽しくて笑顔になるダンスを作りたい!とのこと。「抱っこdeダンス」とイケメン四銃士のコラボに皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。6/13(土)に「4 for you」の振りのレクシャーがあるそうですよ。

 

最後に、パパママへ小柳さんからのメッセージです。

抱っこでダンスはめちゃくちゃ楽しいです。ダンス経験がなくても大丈夫。外出も思うようにならない今、お子さんとずっと向き合っているのは結構大変。そういう時だからこそ、窓を開けて空気を入れ替える換気だけじゃなく、「心の換気」も必要です。その一つとして抱っこでダンスも楽しんでみてくださいね。

 

BSNラジオ「工藤淳之介 3時のカルテット」の「今井美穂の“わくドキ”子育て日記」の放送はこちらから。

SNSでシェア

新着記事