子育てオン・エアー!

【ボランティア】小学生のヘアドネーション

SNSでシェア

ヘアドネーションって知っていますか?

病気や不慮の事故などで髪を失い、かつらが必要な人のために、無償で髪を寄付するボランティアのことです。

この「ヘアドネーション」のために3年間髪を伸ばし続けた小学生がいました。

上越市の小学4年生、羽尾光博君10歳です。

この日、いよいよカットしました!

女の子に間違えられたり、からかわれたり、いやな思いをしたこともあるそうですが、「人の役に立ちたい」という強い思いでやり遂げました。

そんな光博君のボランティア精神のお手本はお父さんの博嗣さんです。博嗣さんは歯科医で、海外で歯の健康の大切さを伝える医療ボランティアを続けています。

お父さんも、光博君の姿を見て、「髪が伸びるたびにつらいところをクリアし、より強くなって、できる人ができない人のためにやるという気持ちを強く感じた」そうで、息子を誇らしく感じていたようです。

ヘアドネーションには、ダメージが少なく、太さもある子どもの髪が向いていて、かつらとして頭がすっぽり覆える基準の長さとして31センチ必要だそうです。

光博君は、これから他のボランティアに取り組んでみたいと話していました。

光博君の髪は大阪にあるNPO法人に送られ、18歳以下で医療用のかつらが必要とされる人に無償で提供されるということです。

人のためにやれることをやる!羽尾父子を見習いたいですね。

SNSでシェア

新着記事