子育てオン・エアー!

【暮らし】使おう!広げよう!新潟市の子育て支援とねんトレの話

SNSでシェア

ねんトレって知っていますか?


今井美穂さんちの10か月になる息子ちゃんは、夜の睡眠がなかなか安定せず、1時間ごとに起きてそのたびに授乳したり添い乳したいりで、美穂さんもぼーっとしたりイライラしたり…このままでは、危ない!と思って「ねんトレ」=ねんねトレーニングに挑戦!赤ちゃんが抱っこや添い寝なしで一人でも寝れるように練習することだそうで、最初はギャン泣きしていた息子ちゃんも少しずつ慣れ、何日かすると夜中に1回くらいしか起きなくなったそうです。まだねんトレの途中のようですが、もう少し、頑張っていくそうです。

同じように悩んでいるパパママも、トライしてみてはいかがでしょう?
親子で眠れず、疲労がたまると、本当に危ないですよね。周りに相談することも大切です。


ということで、今回は新潟市の子育て支援について新潟市こども政策課の職員ヒダノアヤコさんにお話を伺いました。ヒダノさんも子育て中のママさんだそうです。
新潟市の取り組みの一つに「スマイルプラス運動」があります。
街の人々が子どもや子育てしている家庭にちょっと感心を持って一人一人できることから取り組んでみようという運動で三つのステップがあります。
【ステップ1】理解する(子どもは泣くのが当たり前!)
【ステップ2】小さな行動をする(子育てがんばって!何をしてあげられるかな)
【ステップ3】提供する(積極的にサポートします!)

子育て中でない方も何ができるか、ステップ1からでも心がけてみませんか?

また、新潟市では、子育て応援パンフレットスキップの配布や子育て応援アプリでも子育て情報の発信をしているそうです。忘れがちな予防接種のスケジュール管理までできちゃうそうです。ぜひ、うまく活用して子育ての助けにしてくださいね。

お聴き逃しの方はradikoでチェック!

 

SNSでシェア

新着記事