子育てオン・エアー!

【卒業 贈る言葉#2】新潟市立浜浦小学校6年生のみなさんへ

SNSでシェア

「近藤丈靖の独占ごきげんアワー」特別企画『卒業 贈る言葉』2回目は新潟市立浜浦小学校の6年2組担任で学年主任の大越亜希子先生がご出演くださいました。

浜浦小学校の6年生たちは明るくこうと決めた目標に向けて団結して取り組めるこどもたち。特に、2組は校内長縄大会でその力を発揮し、先生はみんなの成長を強く感じたそうです。

大越亜希子先生からの贈る言葉

『突然の休校から18日が経ちました。元気にしていますか?毎日どのように過ごしていますか?

休校になる前の最後の登校日突然の事に戸惑い涙している子もいました。残り16日間で友達とたくさん話したり遊んだり、一緒に勉強したりと、色々な思い出を作りたかったことと思います。きっと今もそう思いながら毎日を過ごしている人もいるかもしれません。でもそんな時は少し先の未来を想像してみてください。数週間後には皆さんは中学校に通い新しい環境の中できっと元気よく過ごしています。新しい友達との出会いもあるだろうし、どの部活に入ろうかワクワクしながら考えているかもしれませんね。

どうかこの先、皆さんが成長していく中で自分が思う通りにならないことがあったとしても明るい未来を信じて前向きに一歩一歩進んでいって下さい。皆さんなら大丈夫!先生達はずっと応援しています。

さて3月24日は皆さんの大切な卒業式を行います。一生にたった一度の小学校の卒業式です。思い出に残る素敵な式にしましょう。そのためにも元気よく笑顔で登校してください。皆さんに会えるその日を浜浦小学校職員一同心待ちにしています。

それでは24日まで前向きにもうすぐやってくる楽しい毎日を想像しながら元気よく過ごしていてください。』

是非、先生からのメッセージはradikoで聴いてみてください。放送から1週間いつでも聞けます。

SNSでシェア

新着記事