子育てオン・エアー!

【卒業 贈る言葉#3】新潟市立葛塚小学校6年生のみなさんへ

SNSでシェア

「近藤丈靖の独占ごきげんアワー」の期間限定企画『卒業 贈る言葉』の第3弾は新潟市立葛塚小学校の6年3組の担任、駒村亮弥先生がスタジオに来てくれました。

駒村先生は教員になって3年目。担任として初めて持ったクラスの卒業だそうです。思いもひとしおでしょうね。

6年3組は、とってもにぎやかで、おもしろい人が多いそうで、先生が失敗すると「元気出しなよ!」「人間だからね(失敗もあるさ)」と励ましたりするとか。先生とこどもたちの仲の良さを感じますね。

そんな皆さんですが、6年生になると、全校のためや低学年のために動いてくれる頼りになる最高学年に成長したそうです。

また、地元の葛塚地域を盛り上げようと地域の飲食店やお菓子屋さんとコラボしてスイーツやメニュー開発にも取り組みました。3月はPR活動にも取り組む予定でしたが…残念でしたね。

ところで、番組には駒村先生に保護者の方とクラスの児童からもメッセージが届きました。

お父さんからのメッセージ

「6年前、小さな背中に大きなランドセルを背負って小学校の門をくぐり、毎日楽しそうに通学していた娘。

そんな娘が突然の休校となった日の夜、帰宅した私を迎えてくれたのが静かにぽろぽろと涙を流す娘の姿でした。『あと一か月しかないのに明日から学校行けなくなっちゃった。友達にも会えなくなる。』と泣く娘を抱きしめて、慰めることしかできなくて、こちらも泣いてしまいそうになり胸がはちきれそうな気持ちでいっぱいになりました。

しかし駒村先生やクラスメートに会える25日の卒業式。一生忘れられない年になるようにできる限りのことをしてあげたいです。娘のクラス担任を受け持ってくれた駒村先生、本当にありがとうございました!」

6年3組のある児童からのメッセージ

「先生お元気ですか?僕は元気です。先生や友達に会えなくて寂しいです。先生が教えてくれた算数の授業、とても分かりやすかったです。朝の準備、いつも喋ってて遅くなってごめんなさい。

先生がラジオに出るのを楽しみにしています。緊張するかもしれないけど頑張ってください!

卒業式で会えるのを楽しみにしていますね。」

駒村先生からの贈る言葉

葛塚小学校6年生の皆さん、休業中はどのように過ごしていますか?きっと BSN ラジオを聴いたり BSN の番組を見て過ごしていることと思います。そして漫画やゲーム YouTube 、楽しいですよね。それらも良いけれど、頼れるタケダ先生、優しいエミ先生そしてツカモト先生の軽快なトークが恋しくなっていませんか?

突然の休校が始まり静まり返った教室で作業していると寂しさを感じます。突然の終わりとなってしまいましたが、みんなと過ごした3年間を振り返ると、とても楽しい毎日でした。一緒に勉強したこと。一生懸命行事に取り組んだこと。たくさん遊んだこと。何事にも全力で頑張るみんなから先生もたくさんのことを教えてもらいました。

6年生126人のみんながいてくれたからこそ、先生も先生として働くことができました。みんなに会えたこと、そして担任できたこと、本当に嬉しく思います。

皆には、葛小で出来た友達、中学校でできる友達、先生方、大切な家族、人と人とのつながりを大事にしてほしいと思います。困ったことや苦しいことがあった時、きっとその繋がりがみんなを助けてくれるはずです。

みんなにどれだけのことをしてあげられたのか分かりません。失敗したこともたくさんありました。そういったところは反面教師にしてください。そしてお互いの失敗談はお互いの胸にしまっておきましょう。約束です。

間違いなく言えることは皆が最高の最高学年であったということです。

来週の卒業式は行われる予定です元気に登校して来てくれることを学校の先生達みんなが楽しみに待っています体調管理に十分注意して最高の卒業式にしましょう!

 

駒村先生の贈る言葉、radikoでも放送後1週間聴けます!

アシスタントの水島知子さんのもらい泣きもチェックしてみて下さい(笑)

(やっぱり先生の肉声はこどもたちでなくても胸にしみます…)

『卒業 贈る言葉』あす19日(木)は14時から新津第二小学校、23日(月)は13時34分から上越市立有田小学校の先生からのメッセージです。

SNSでシェア

新着記事