BSNキッズイベント

親子てつがく対話ワークショップ 実施報告

SNSでシェア

 

親子てつがく対話ワークショップ 開催レポート

「BSNキッズプロジェクト」では、6月8日(土)に、「考えることを楽しもう!親子てつがく対話ワークショップ」を開催しました。

BSNラジオスタジオに集まったのは、親子26人。新潟市の他、遠く上越市からも。

その輪に、ファシリテーターとして、新潟大学准教授の豊田光世さんが加わります。

豊田さんは、ハワイ大学で「こどものための哲学」=P4C (philosophy for children)と出会いました。今は佐渡市をベースに、”多様な主体の協働による環境ガバナンスのあり方”について研究をされる傍ら、日本各地・世界各地で、「子どもの哲学(philosophy for children)」対話による探究教育を推進されています。

豊田先生は今回、「とよちゃん」というニックネームで、輪に加わりました!

※豊田先生から、イベント後の感想が届きました!詳しくはこちらへ!

 

こどもの哲学は、日々の暮らしや学校の学びのなかから生まれた問いについて、ゆっくり、じっくり、こどもたちみんなで一緒に考える取り組みです。今回はその「親子バージョン」。

ルールはかんたん。

① 「コミュニティボール」をもった人が、話をする。他の人は、その人の話をじっと聞く。

② 誰かの話を聞いて何か感じたら、コミュニティボールを受け取って、質問したり、自分の考えを語ったり。

③ 誰かの話を、否定しない。

④ 話したくない人は、ただ聞いているだけでいい。

まずは、リラックスするための、自己紹介タイムです。

コミュニティボールをもった人がお話して、次の人に渡します。

お姉ちゃんについてきた、5才の妹さんも、飛び入り参加!

コミュニティボールにも興味津々!

 

ひととおり自己紹介もおわって、コミュニティボールのキャッチボールで仲良くなったら、

いよいよ、「今日、みんなで何をかんがえようか?」

・・・ひとりひとりが、「みんなで考えたいこと」を、紙に書きだします。

 

こどもたちから、そして大人たちからは、どんな問いが飛び出すか・・・?

運営側もドキドキ・ワクワク!

なぜ、お金ができた?

どうして、ねこは、捨てられるの?

なぜ、学校は、あるの?

 

今日、こどもたちから出てきた「問い」は、こんな問いでした。

 

・友だちとけんかをしても 仲直りしたら また仲よくなれるの?

・なぜしょくだいがあるのか?

・なんでお金は、おさつができたのか?

・がっこうは、どうしていくの?かな?

・なぜ、学校はあるの?

・なぜ、お金ができた?

・ねこは、どうして、すてられるの?

・べんきょうは しょうらいのために なるのか?

・なぜ、あかちゃんは、あるけない?

・なぜ、おなかがへる?

・なんでテレビじゃなくてラジオでじっきょうするの?

・なんで昔から海があるんだろう?

・1日は24時間なのか?

・どうしてけんかをするの?

 

 

ちなみに、おとなからの質問は、こんな感じでした。

・なんで仲良いはずなのに、姉弟けんかするの?

・ひとりでいるとさみしいのに、大勢でいると、めんどくさいの?

・なんでいじめがなくならない?

・どうして生きているんだろう?

・どうしたら やさしくできる?

・どうして 食べ過ぎてしまうのか?

・ともだちは多い方がいいの?

・みんなと仲良くしなきゃいけないの?

・人前だと緊張してうまく話せなくなるのはどうして?

・マンガは読書なのか?

・なぜ夜になると眠くなるのかな?

・どうしたら少子高齢化は止められる?

 

 

こどもとおとなで、<問い>の雰囲気も、違いますね。

そのあとは、みんなで、「どの問いにしようか?」を決めていきます。

面白いと思った<問い>にシールを貼りながら・・・

 

そして!いちばん”シール”を集めたのは・・・・”ゆうちゃん”が出した<問い>でした。!!

 

さあ、「親子てつがく対話」のスタートです!

ゆうちゃんから、「どうしてこのテーマにしたのか?」が語られました。

「こどものときに勉強したのに、大人になったり、

おじいちゃんおばあちゃんになって忘れてしまうのは、

不思議だなーと思ったからです。」

 

なるほど、”将来のためになるの?”という疑問は、「おとなは、勉強を忘れてしまうのに。」という意味だったんですね。。。お、奥が深い。耳も痛い。(たしかに、因数分解とか、すっかり忘れてしまったなー!)

なんて思っていたら、どんどん、おとなも、こどもも、自分の考えを話しはじめました。

 

【こども】 将来のためになると思う。もし、勉強しないで大人になったら、ダメなオトナになってしまうから。

【大人】 知らないことを知って喜ぶ、そんな「経験」が大事なんじゃないかな?

【こども】 算数は、仕事の役に立つと思う。

【こども】 スーパーに買い物に行ったとき、高いものを買わないようにするため!

ときどき、ファシリテーターの豊田先生が、誰かの言葉をつかまえて、<考え>の軸を少しだけ変えます。

 

【豊田】 そもそも、勉強するって、どういうことなんだろう?

ここでも、こどもたちが輝きました。

【こども】 「勉強しないと、なりたい夢に、追いつけなくなってしまうからです。」

 

「なりたい夢に追いつけなくなる」・・・素敵な言葉ですよね。

これを言った「はんと君」の”なりたい夢”は、警察官でした。がんばれ!

 

次第にテーマは、「わくわくする勉強って何?」に。

【大人】 答えがある、算数が好きだった。

【こども】 答えがない、自由な図工の時間が好き。

 

答えがある勉強と、答えがない勉強。

この「てつがく対話」には、答えはありません。

 

「勉強」について誰かがいったことを、聞いて、じっくり考えて、

ボールをもらって、自分で話す。それが繰り返されました。

おとなも、こどもも、ここではイーブン。

こんなに一生懸命考えているパパやママを、お子さんは見たことがあるのでしょうか?

 

また、パパやママからわが子を見たとき、新たな発見もあったようです。あるママが言っていました。

「この子は、家にいるとお兄ちゃんたちがいて、あまり自由に発言できない感じなんですが、今日は自分の言葉を聞いてくれる環境があって、のびのびと話していた気がします。」

しっかり聞いてくれる環境があること。自分の考えが否定されず、安心して話せる空間があること。

こどもに限らず、おとなにとっても、大事なことなんだと思いました。

 

この「親子てつがく対話」は、時間がきたら、バサっと終了になります。

なんとなく、モワっとします。何か結論が出たわけではありません。

でも、もともと、結論をだすことが目的ではありませんでした。”みんなで考えることを、みんなで楽しむ”、このプロセスこそが、目的でした。

最後に、豊田先生が皆さんに伺いました。

「楽しかった人~!」  「はーい!!」

「また、今日のような【考える】イベントに、参加してみたい人~!」

「はーい!」

おとなも、こどもも、たくさん話した人も、聞き役が多かった人も、

会場にいる多くの皆様が、手をあげて下さいました。

みなさんの表情が、なによりも嬉しかったです。

 

 

以下、アンケートに寄せられたコメントです。

 

・自分の考えが少し変化した気がします。

・もう一度この企画に参加したい。

・普段体験しないことなので、とても緊張しましたが、発見があり良かったです。

・子供たちの素直な言葉がストレートに響いた。

・子供がいろいろ考えて発表しているのがスゴイ。大人の発言に人生の深みを感じた。

・小5年生の娘は、少し恥ずかしかったようです。

・こどもから大人と、年齢の違うメンバーでの対話は新鮮でした。

・自分の考えを伝えるって大事だなと思いました。

・大人とこどもの両方の意見を聞けたのは楽しかった。

・答えが出ないで終わったが、続きはこどもと話したい。

・先生の講演が聞きたいと思いました。

・子育てに役立てたいので、もっと先生のお話がききたかった。

 

 

また、このイベントの前後には、ご希望者のみ、放送中のラジオスタジオ、テレビスタジオをご案内いたしました。とくに、「なじラテ。」の生放送直前スタジオに入った皆さんは、カウントダウンとともに生放送に入る瞬間を共有し、みなさん大興奮でした!

★この直後、生放送がスタート!!

 

ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました!

キッズプロジェクト初めての試み「親子てつがく対話ワークショップ」、いかがでしたか?

次回の開催を、お楽しみに!

新着:豊田先生から、イベント後の感想が届きました!詳しくはコチラへ!

 

SNSでシェア

新着記事