はぐくむコラム

【子育て支援】あなたのままで~夢が叶う居場所

SNSでシェア

新潟市西区寺尾にあるドリームハウス

私が「ママの心が元気になる居場所」を創ろうと思ったのは、23年前の子育て真っ最中。

元保育士でもないし、子どもが特別好きでという訳でも、お金に余裕があった訳でもない。まだ20代半ばで、子どもとどう接したらいいかわからず、子育て・家事・自分自身にもなにもかも自信が持てず、ボロボロの借家の中で0歳と2歳の子どもを両手で抱えながら”誰か助けて”と泣いてばかりいたような私。

子育て雑誌で「アダルトチルドレン」という言葉を知ったのもその頃。親の期待に添うように育てられ、自分自身の感情を感じられなくなってしまったまま大人になり、自信が持てずにうんぬん…というようなことが書かれていた。読んだ時、私は「これだ」と思いました。「だから子育てがつらかったんだ!!」と。

まず「自分に自信を持てて自分らしく生きられるようになりたい」そうすれば「子どもをゆとりを持って愛せ、慈しんで育てられるのでは」と思ったのです。

当時、経験も資格も、お金も、子育てで5分も自分の時間が無い中で、あったのはただひとつ。「想い」だけ。本気の想いが人の心を動かし、少しずつ一歩一歩想いが実現に近づいていきました。

当時は今のようにインターネットはありません。二人の子どもをおんぶして、抱っこして、人に会って、想いを話すことだけ。そんな風に動きはじめて2年後、実現してオープンでき、それから数えきれないほどの苦難を経て20年。みんなの支えがあり、ここまで続けることができました。

そして今、一軒家を借りて3カ所の居場所と、出張で2カ所の居場所をやっています。相変わらず”ちゃんとした収入”は無いけれど、たくさんの同じ想いの仲間に囲まれ、お金に換えられない価値のあるものを日々たくさんもらいながら、感謝して生きています。心から笑いながら、生きています。自信もつきました。感情も豊かになりました。自分の好きを知り、その好きなことをいっぱいできるようになりました。そして、その好きなことでお金をもらえるようになってきました。

“自分らしく”生きること。“自分の好き“を生きること。

それが、心の元気につながり、心から笑える。

そんな思いを元に、本を出版しました。『あなたのままで〜夢が叶う居場所  ドリームハウスの20年』新潟日報asshで連載中の子育てコラム「あなたのままで」のコラム集と寺尾の元祖ドリームハウスの写真やママ漫画、ドリームハウス立ち上げと最初の頃の話など、盛りだくさんです!ママが抱っこしながらでも読んだり、バッグに入れて隙間時間に読めるようなサイズとボリュームです。

県内各書店、amazon、ドリームハウスクルシェア、ドリームハウスHOPEで購入できます。1,500円(税込)

これから各地で出版記念「あなたのままで」歌のライブツアーもしていきます!ぜひ

聴きに来てくださいね!!

この記事のWRITER

新保まり子(新潟市在住・子育て応援施設代表)

新保まり子(新潟市在住・子育て応援施設代表)

1970年新潟市生まれ。子育て中の孤独感から1999年、育児中のママとともにママの心が元気になる毎日型の居場所・子育て応援施設「ドリームハウス」を新潟市西区に設立。2017年、多世代交流、障がい者の居場所確保をめざす企業も設立し、様々な地域で居場所作り応援。 2016年 県弁護士会 人権賞を受賞。現在: 新潟NPO協会 理事など。
SNSでシェア

新着記事